導入事例

WaWaOffice

顧客紹介 みのる産業株式会社様

みのる産業株式会社

みのるグループ様は、農業機械メーカーの『みのる産業』様と、プラスチック製品設計・成形加工メーカーの 『みのる化成』様を中心に、緑化事業、ホテル、ゴルフ関連事業と多岐にわたる事業を展開されています。「みのるグループ」様でWaWaシリーズの導入に至った経緯と導入効果について「みのる産業」様にお話を伺いました。

導入のきっかけ

個人間・部署間・グループ間でのスケジュール共有/紙の稟議書に限界

参加者間でのスケジュール共有が出来ていなかったので、会議の調整がとても大変だったんです。
業績会議を開く場合も各社の状況が見えず、電話もしくは、訪問して参加者の都合を確認しては、何度も調整を繰り返し開催日確定までに多くの時間がとられていたんです。
また、稟議書なども全部紙で回していたので、それは大変でした。誰のところで止まっているかもまったくわかりませんし、紛失などもありました。 電子化することでどうにか効率化できないかと考えていたんです。

選定のポイント・決め手

スケジュール調整の効率化/ペーパレス効果に期待

電子化を考えていた中、ちょうどアイアットOECさんのフェアがありまして弊社も参加させてもらったんです。
デモを見させていただいて、操作性が簡単な事、今までの課題がクリアできそうだと思い早急に検討することにしました。グループ間での共有が課題にあったので、もちろんグループ全体 での利用を想定し、検証を重ねて課題解決を確信したため導入を決定しました。
まずは、みのる化成から運用開始をしました。その後、みのる産業と各社をスタートさせました。

導入時に注意した点など

システム導入に不安を抱かせない工夫/シンプルな構築

システムの導入に不安を抱かせないために、①簡単②これまで通りのやり方(電子になるだけ)③コミュニケーションを重視した運用ルールに徹底し、必要な機能に絞り込みをしました。
また、説明資料もイラスト入りでイメージがわかるものを準備しました。
このような事と、今まで出来なかったことが実現し業務効率につながることをアピールすることで運用開始もスムーズに行うことが出来ました。
また、稟議書などのルートが複雑なのですが、なるべくシンプルになるようWaWaFlowの機能を駆使しつつ、現場の意見を組み込んで構築しました。

■みのる産業様で社内向けに作成された説明資料です。
グループウェアとは グループウェア運用ルール

導入効果

業務効率の向上/決裁スピードアップ

グループウェアを導入して、会議の開催日の調整が格段に楽になりましたね。
また、プレスリリースしたものなども、掲示板を活用してグループ全体に共有できるようになりました。グループとしての会社方針も全体に一度で情報を共有できるよう になったので作業の手間が削減できています。
また、稟議などのワークフローの書式は、「みのる産業」「みのる化成」「グループ会社」の3種に分けています。管理者を分けて、それぞれに承認ルートを設定しているので、一人の管理者・同一の書式を使用する運用より、各社で現場に応じた対応がしやすくなっていると思います。

今後の展望

サポート品質のコントロール/サポートと営業に役だつCRMへ

データベースに関しては、ワークフローからの連携管理をメインで使用しています。
今後は、グループ間・部署間で共有したいちょっとした情報もWaWaD-Beで管理することでデータの有効活用が出来たらと思っています。
また、ワークフローに乗せれていない申請も検討しながら電子化していきたいですね。
機能追加もされているため、コミュニケーションを重視しつつ、業務効率化ができるように今後も徐々に電子化を進めたいと思います。

顧客名 みのる産業株式会社
住所 岡山県赤磐市下市447
事業内容 農業機械の研究・開発・製造・販売
HP http://www.minoru-sangyo.co.jp

お問い合わせ先

クラウドサービスグループ

住所 〒700-0901
岡山市北区本町6番36号 第一セントラルビル3F
TEL 086-227-1004
営業時間 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
FAX 086-227-1016

メールでのお問い合わせ

専用WEBサイト