導入事例

富士ゼロックス「beat」活用事例

富士ゼロックス「beat」活用事例

提案前

各パソコンにはウィルス対策ソフトがインストールされているものの、定義ファイルの更新管理はされておらず、様々なインターネットの脅威に対し不安を持たれていました。
マイナンバーの運用がスタートしたこともあり、早急に社内のインターネットセキュリティを強化する必要が出てきました。
また、今後パソコンを増設してデータを電子で運用される計画があり、ますますセキュリティ対策が必要となる中、社内にはネットワーク管理者が不在な事も心配の種でした。

こういったお客様の課題から、インターットセキュリティ対策と運用を安心してアウトソーシングでき、かつ安価にスタートできるサービスとして「beat」をご提案することになりました。

提案後

「beat」をインターネットの出入り口に導入した事により、不正アクセスやウィルス、特定の通信の遮断など、様々なインターネットの脅威から社内LAN全体を防御できるようになりました。これにより、社内LANにあるパソコンは統一されたセキュリティ強度で保護されるようになり、安心して電子化をすすめる環境が出来ました。
また、「beatコンタクトセンター」が24時間365日、リモートで「beat」を監視しているので、社内にネットワーク管理者が不在でも運用していくことが可能でした。

導入の決め手となったのは、管理に手間がかからないことに加えて、初期費用は少なく、月額費用も低コストで運用していけることでした。